くにたまの会

由緒・沿革

 前原荒神社は寛永11年(1671)藤間久左衛門、藤間八郎右衛門が本願となり創立した。
天保3年(1832)杵築南字四本松の住民が三保水神社(祭神は大国主命、事代主命、間女命)を創立したが、明治39年荒神社に合併した。

 胞衣荒神社(祭神は高御産巣日命他7神)は慶應2年(1866)大和屋七良兵衛が本願となって創建したもので、明治42年には前原荒神社と合併した。
境内社の恵比須社は宝暦8年(1758)藤間久左衛門が本願となって創建されたが、明治24年に現在地に移転された。

前原荒神社・胞衣荒神社

鎮座地
島根県出雲市大社町杵築南1231番地
御祭神
主祭神
・須佐之男命
・櫛磐間戸命
・豊磐間戸命  
配祭神
・大国主神
・事代主命
・間女命
・高御産巣日命
・国常立命
・伊弉諸命
・伊弉冊命
・手早結命
・若結命

【境内社】恵比須社
 祭神
 ・大国主神
 ・事代主命

【境外社】恵比須社
   (大社町上玄光院町内に鎮座)
 祭神
 ・大国主神
 ・事代主命

【境外社】恵比寿社
   (大社町横町町内に鎮座)
 祭神
 ・大国主神
 ・事代主命
例祭日
・前原荒神社:7月
     (海の日の前日の日曜日)
・胞衣荒神社:7月
     (前原荒神社例祭の前日)
交通
一畑バス出雲大社終点バスターミナルより徒歩10分
Map
島根県出雲市大社町杵築南1231番地