くにたまの会

くにたまの会とは

What’s “Kunitama no kai”

くにたまの会は、〝だいこくさま〟を奉斎する神社の全国組織で、御神徳の宣揚と斯道の発展、鎮座地域の活性化などを目的に下記の活動を行なっていきます。
より大きな御神縁が結ばれますよう、一社でも多くの神社にご加入戴き度くご案内申し上げます。

くにたまの会 趣意書

大国主大神様は日本の国づくりに大御力を尽くされ農業・漁業をはじめ医療の法など様々な道を開かれて、生きとし生けるものが共に豊かに栄える「豊葦原瑞穂国」をおつくりになられました。
そして、天照大御神様への「国譲り(国土奉還)」によって幽事をお治めになられる神様としてお鎮まりになられ、天皇陛下の大御代であります日本のはじまりを開かれました。

くにたまの会とは

くにたまの会シンボルマーク

くにたまの会シンボルマーク

神社本殿を象徴する千木・鰹木を中心に置き、周囲を輪で取り囲んでいます。
千木は天高く伸びるが如く、鰹木は水平方向に力強く、それぞれの神社の隆昌と御祭神の神徳高大さを表しています。
千木・鰹木を取り囲む輪はすなわち「和」を意味し、奇しきご縁に結ばれた会員神社相互の活動を通じた日本、或いは世界の平和実現を表しています。

お申込み

入会ご希望の方は、以下の入会申込用紙(PDFファイル)に必要事項をご記入の上、事務局までファックスにてお申し込みください。
FAX:0853-55-2515(出雲大社社務所)

Get_Adobe
PDFファイルをご覧いただくためにはADOBE READERが必要です。
お持ちでない場合はバナーをクリックの上、Adobeページからダウンロードして下さい。