くにたまの会

由緒・沿革

明治20年の木造の祠を建立し、移住時に郷里より奉持した御祭神をお祀りし、村落の安泰と発展を祈願したのが始まり、大正2年に現在の境内に軟石造りの小社を建立し、神霊を遷して年々祭事が行われ今日に至ります。
☆撫蛙(撫でカエル)
同神社遷座百年を記念して寄贈された手彫りの撫蛙『撫(な)でカエル』。”若かえる”から健康長寿に、”無事かえる”から交通安全に御利益があるとされるほか、”栄える”から社運隆昌・商売繁盛や家の繁栄・金運招福・良縁・縁結び・子授安産に御利益があり。

星置神社

ほしおきじんじゃ

鎮座地
〒006-0050
北海道札幌市手稲区星置南1丁目8-1
URL
http://nttbj.itp.ne.jp/0116856770/index.html
御祭神
・天照大御神
・豊受大神
・大己貴神
例祭日
・5月5日    春季例祭
・7月第2日曜日 夏季例祭
・9月秋分の日  秋季例大祭
交通
◆鉄道 JRほしみ駅から車で3分・徒歩10分 ◆バス JRバス星置橋停留所・徒歩2分
Map
北海道札幌市手稲区星置南1丁目8-1