くにたまの会

由緒・沿革

大正2年9月旧士別通り高地を社地と定め創祀された。
昭和8年村社創立の議が起こり、天塩岳に源を発する渚滑川とサクルー川の合流する町の中央部、山岳水麗の高知を鎮座地として、昭和12年社殿を御造営した。昭和21年宗教法人設立。平成5年御創祀80年御遷座55年を奉祝し社殿御造営期成会発足されるや、全国各地より奉賛を得て、平成6年10月社殿が建立された。
平成7年1月伊勢神宮より御正殿勝男木・別宮滝原滝原竝宮御鳥居1基を含む22石余を御下賜の誉に浴す。
平成26年創期百年を迎え、6月15日記念祭並びに記念行事を行った。

滝上神社

たきのうえじんじゃ

鎮座地
〒099-5614
北海道紋別郡滝上町字サクルー原野33番地
URL
http://www.hokkaidojinjacho.jp/data/11/11008.html
御祭神
・天照大御神(あまてらすおおみかみ)
・豊受姫命(とようけひめのみこと)
・大山祇命(おおやまつみのみこと
・(幣殿)大國主命、大物主命
例祭日
9月10日
交通
道北バス滝上町栄町下車徒歩5分
Map
北海道紋別郡滝上町字サクルー原野33番地