くにたまの会

由緒・沿革

〝こんぴらさん〟の名で親しまれている金刀比羅宮(ことひらぐう) は、琴平山(象頭山)の中腹に鎮まります。小西可春編「玉藻集(たまもしゅう)」延宝5年(1677)や、菊池武賢編「讃州府志(さんしゅうふし)」延享2年(1745)などには、それぞれ「この山の鎮座已(すで)に三千年に向(ちか)づく」とあります。
初め、大物主神を祀(まつ)り、往古は〝琴平神社〟と称しました。中古、本地垂迹説(ほんちすいじゃくせつ)の影響を受け、〝金毘羅大権現(こんぴらだいごんげん)〟と改称し、永万元年(1165)に相殿に崇徳天皇を合祀しました。その後、明治元年(1868)に神仏混淆(しんぶつこんこう)が廃止されて元の神社に復(かえ)り、同年7月に宮号を仰せられて〝金刀比羅宮〟と改称し、現在に至っています。
金刀比羅宮には主たる祭神の大物主神(おおものぬしのかみ)とともに、相殿(あいどの)に崇徳(すとく)天皇が祀られています。
大物主神は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の弟、建速素盞嗚命(たけはやすさのおのみこと)の子、大国主神の和魂神(にぎみたまのかみ)で農業殖産、漁業航海、医薬、技芸など広汎な神徳を持つ神様として、全国の人々の厚い信仰を集めています。

http://www.konpira.or.jp/about/history/main/page.html

特殊神事

1月 5~ 7日  斎籠(いごもり)神事
4月10日    桜花(さくら)祭
4月15日    御田植(おたうえ)祭
7月 7日(旧暦)索餅(さくべい)祭
9月 8日    潮川(しおかわ)神事
11月10日    紅葉(もみじ)祭

http://www.konpira.or.jp/about/ritual/main/year.html

地域の伝統行事

5月5日/7月7日 奉納蹴鞠

金刀比羅宮

ことひらぐう

鎮座地
〒766-8501
香川県仲多度郡琴平町892-1 金刀比羅宮
URL
http://www.konpira.or.jp/
御祭神
大物主神(おおものぬしのかみ)
崇徳天皇(すとくてんのう)
例祭日
10月10日
Map
香川県仲多度郡琴平町892-1 金刀比羅宮