くにたまの会

由緒・沿革

当社の創始は約2000年前と伝えられているが、正確な年代は判然としない。しかし延喜式の古社であるので千年以上前からの由緒のある社と崇敬されていたと想像される。
江戸時代中頃までは五毛天神と称していたが元文元年(1736年)から河内國魂神社と称するようになった。一説には、摂津の國造凡河内忌寸の祖神天津彦根命また天御影命を祀っていたと云う説もあるが、現在の御祭神は大己貴命・少彦名命・菅原道真公の三柱の神様です。

特殊神事

例祭の猿田彦踏法
5月2日宵宮祭の後仕上げの練習を行い、例祭当日は、御神輿に先駆け約120戸の門付けを行い家々のお祓いをする。

地域の伝統行事

春の大祭に氏子3地区の「だんじり」が各地区を練る。夕刻には順次神社に宮入がある。

河内國魂神社

かわちくにたまじんじゃ

鎮座地
〒657-0816
兵庫県神戸市灘区国玉通3丁目6番5号
御祭神
大己貴命
少彦名命
菅原道真公
例祭日
5月3日
交通
  • JR摩耶駅北に徒歩20分
Map
兵庫県神戸市灘区国玉通3丁目6番5号