くにたまの会

由緒・沿革

洲原神社は、今より約1300年前、元正天皇の御代養老元年に(西暦717年)、越前国足羽郡麻生津村、神職三神安角の二男泰澄が加賀国白山の絶頂で厳かな修行行うていられた時に霊夢を感じ、其の状を具(つぶ)さに、天皇へ奏上されたので、元正天皇より泰澄に斎鎮の勅命下り、又当社御造営使として、伴安麿に御剣一口と封戸若干、従者二人に甲胃を添えて下し賜う。養老5年5月、実に宏大荘厳な御社殿が御造営の工を竣え、勅を奉じて泰澄が御祭神をお祀(まつ)り申し上げたのであります。
当社古来「正一位洲原白山」とも称(たたえ)奉り、洵に御由緒深い大社であります。

特殊神事

神迎神事(垢離取祭)
神送神事(古伝祭)

地域の伝統行事

初午祭 3月上旬
御日待祭 6月下旬
慰霊祭 6月

洲原神社

すはらじんじゃ

鎮座地
〒501-3706
岐阜県美濃市須原468-1-1
URL
http://www.suharajinja.com/
御祭神
伊邪那岐命
伊邪那美命
大穴牟遅命
例祭日
4月第1日曜日
交通
  • 東海北陸自動車道 美濃ICより国道156号線郡上方面 約15分
  • 長良川鉄道 美濃太田駅発 約40分 洲原駅下車 徒歩約10分
Map
岐阜県美濃市須原468-1-1