くにたまの会

由緒・沿革

明治31年札幌神社(現・北海道神宮)より特別神璽を戴き「別奴神社」(べっちゃらじんじゃ)と称して発祥となる。
大正4年札内駅付近(現・中央町)に移転「札内神社」と称した。
昭和14年無格社に列せられる。
昭和49年発祥当時の現在地に移転新築され現在に至る。

特殊神事

毎月12日(7月を除く)月次祭斎行
平成23年より6月30日夏越大祓式を斎行
毎年半夏至の日(7月2日頃)境内稲荷神社の例祭斎行
毎月1日・15日のお参りの方は、撤饌の塩をいただくことができます

札内神社

さつないじんじゃ

鎮座地
〒089-0553
北海道中川郡幕別町札内文京町28
御祭神
大國魂大神
大己貴大神
少彦名大神
例祭日
9月12日
交通
根室本線「札内駅」下車、徒歩15分 同「帯広駅」下車、車で15分
Map
北海道中川郡幕別町札内文京町28